雨宿りのテルテル坊主

PBWシルバーレインのPC、吊下骸の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GTにて


ごりごりごりごりごりごりごりごり、ごり



深夜のGT、濃厚な霧が周囲を包む中
骸は津ノ森小中学校の前にいた

以前訪れた時、そこは学校ならではの不気味さを放っていた・・・


奇しくも今日は       だ


気味の悪い暗闇は侵入者を拒むように、確かに存在していた






しばらく校内を探索し、仕掛けを解いていく
相変わらず、ややこしいカラクリの多い学校だ
・・・カラクリなら良いのだが

七不思議と言えば、色々なモノが存在するが
骸にとって学校は、あまり印象に残っていない
心の整理に時間のかかった時期でもあったからだ

今は満喫出来る余裕も、強さも多少ついた
少なくとも、自分のことで取り乱したりはしない程度
しかし、あの頃とは、確実に違う





がさ


がさ



物思いに耽っている間の物音
気づき、己が音立てぬよう、忍び寄る骸
音は確実に・・・近い



がさり    ごそ


がささ         ごり



ごり   ごり









ごりごりごりごりごりごりごりごり



何かを、刻むような、磨り潰す、ような
音が聞こえる

近い





        ごり





真上に、チェンソーを持った男が見下ろしていた







あぁ、そういえば今日は

13日の金曜日




真っ赤なレインコートが教室の壁によく映えた













で、爆水掌を叩き込むまで、3秒
それが友人だと気づくまで、3分

謝るのに相手が起きるまで、3時間


友人が心の底から笑顔だった
心底、打たれ強い男だった

ドMで良かった





今日も骸はGTに行く

それが13日だろうと、金曜日だろうと
骸には関係がなかった


全て吹き飛ばせばいい


敵も、不安も、恐怖も、


そのためにある腕だ

その腕には、太陽が輝いていた


スポンサーサイト
  1. 2007/07/13(金) 23:52:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【青い猟犬、五匹】プレイング | ホーム | ゴーストなりきりバトン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://therainyseason.blog106.fc2.com/tb.php/31-caeff2aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。